2011-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8ヶ月&NICU外来

最近、ピコ坊の夜泣きの激しいので、私の夜のお楽しみタイム
(ゆっくりお茶飲んだり、写真整理したり)がなくなってしまいました

遅くなったけど、

先日、3か月ぶりにNICU外来がありました。

ピコ坊は無事に8ヶ月児となりました


目に見える分かりやすい発達は、

寝返りが出来るようになりコロコロ転がっているのと、
歯が2本生えてきた事。

身長68.2cm 体重が9330g

もう未熟児の面影はなく、どこへ行っても言われるのは、
「大きいね~~~。お母さんより顔が大きいんじゃない?」

そんなわけないけど(笑)、1700gで産まれたと言うと驚かれるし、
抱っこも本当に重くて、腰が痛くて朝起き上がれない。。
見た目がすっかり頼もしくなりました。

診察で、「まだお座りできないんですが~・・・」と聞いたら、
確かに座っても前のめりになっちゃうけど、
これから徐々に腰がしっかりしてくるので、大丈夫って言われました

先生に聞かれたのは、
寝返りできる? 笑う? なん語は出てる? とか。
足を持って遊ぶ・・・ってのが出来ない・・・。

最初の頃は本当に成長するのか心配だったけど、修正で月齢が進めば、
確実に成長しているというのは、この8ヶ月間で分かってきたし、
先生からも、発達の事で何も言われませんでした。

私から相談したのは、離乳食が全く進まない って事・・・

6か月から始めたけど、最初は興味ありそうな素振りを見せながら、
もう全然食べてくれなくて!!

1か月間くらい、「もしかして今日こそは食べてくれるんじゃないか?」と淡い期待を抱きながら、
毎日、めげずに 小さじ1のお粥を与え続けてました(笑)

そのしつこさが、逆にいけなかったんだろうか・・・

開始して2カ月経って、お粥は口にしてくれるようになったけど、
せいぜい赤ちゃん用スプーンで2~3口くらい。
お椀やスプーンで遊ぶだけ遊んで、後は口を閉ざすが、
ゴックンせず口から流すか、最後は泣いて、おっぱい要求。

この先、どう進めたらいいのか分からなくなってきました

先生からのアドバイスは、量は少なめで2回食にしてみれば?と、

離乳食の相談員さん?からのアドバイスは、
おっぱいをダラダラあげすぎないのと(授乳時間は20分以内と短めに)、
1日8回だと、お腹もすかないだろうから、日中は3時間→4時間おきにしてみては、

ってことで。1歳まではおっぱいで栄養もとれるし、
どちからも「決して焦らず無理強いせずに・・・」と言われました。

大人になっても離乳食食べてる人はいないし、
正産期で産まれても、離乳が進まない子はいるので大丈夫と思いつつも、、
こんなに食べなくて、ホント大丈夫かなと思ってしまいます。


次回の診察予約は8月のお誕生日頃で、毎月のシナジスも終わったし、
しばらく大学病院へ行く用事もなくなってしまいました。

なので、この日は産科病棟&外来に誰かお世話になった方はいないかな~
と、ピコ坊を抱っこひもで担いでブラブラ遊びに行ってきました。

「え?こうあおYさんって誰だっけ??」と言われたらどうしようと不安だったけど、
産科の看護師さん達は覚えてくれて、にこやかに迎えてもらえて良かった。

でも一番会いたかった、私の主担当だった看護師さんが寿退社したそうで、、
熱心に不育症や天使ママの勉強をしていて、またお話したかったのに残念。。

外来では、主治医が診察室から出てきてたところに偶然、遭遇。
「元気そうで良かった。で、次は、どうするの?」と、聞かれました。

あんなに大変な思いをして産んで、まだ8ヶ月しか経ってないのに・・・(笑)
「えっ!次いっちゃっていいんですか?!」って返したら、

「あっ、この話は、またいつかゆっくりね・・・」と笑って終わりました。

産後以来、妊娠・出産でお世話になった方々と再会して、
ピコ坊の成長を喜んでもらって、嬉しい1日でした
スポンサーサイト

シナジス最終回

おひさしぶりです。春ですね

P4100706.jpg

今日は、ピコ坊のシナジスの日でした。

未熟児で生まれて秋から半年間、毎月1回、RSの予防接種を受けてきて、
今回が最終回でした。

この注射は自費だと、ン十万するワクチンなんだと。
すごく高いワクチンを毎月打ってもらって、この冬は大きな病気をする事もなく、
スクスクと元気に育ってくれました。


最終回らしく、サプライズが。

処置室の診察台に寝転がって、両足に注射を打ってもらうんだけど、

「はじめまして~!ピコ坊くん!」と、明るく話しかけてくれる方が、、

今日は、いい先生に当たったな~と思いながら、名札をチラッと覗いたら、

勇希兄ちゃんの主治医だったコトー先生!!

NICUに戻ったそうです。
研究室にこもってるなんて、もったいないくらい良い先生だから、嬉しいな。
勇希兄ちゃんやピコ坊みたいな小さな赤ちゃんを沢山診て助けて欲しいです。


春のポカポカ陽気と、病院の敷地に入って建物を見上げたら、
胸が熱くなって、あぁ、冬を越したなぁと・・・一瞬、ジ~ンときました。


ちょっと前に見たTVで、美輪さんが、

「誰の人生にでも必ず、どの扉をどんなに叩いても開かない時期がある」

とおっしゃってました。

そんな時、大切なのは嘆いたり泣くのではなく理性と知性で乗り切る。

・・・だそうだけど、私には無理だなー。


大切な人を亡くしてしまったら泣いて嘆いて、

体調もおかしくなって、ぐちゃぐちゃになっちゃうし、

先が見えないと、不安でマイナス思考に押しつぶされそうになるよね。

どん底にいる時は、心穏やかな自分が想像つかなかった。



そんな私でも、やっと心から穏やかな春がやってきた。

桜も見たくないと思った春を何度か越して、

しぶとく辛抱していれば、冬を超えて春はやってきたのです。


沢山の人に春が訪れますように・・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

こうあおYママ

Author:こうあおYママ
第1子航希(こうき) 
34W IUFDによる死産

第2子葵衣(あおい)
37W IUFDによる死産

第3子勇希(ゆうき)
22W 前期破水・絨毛膜羊膜炎
    早産による新生児死

3人の天使ママです。

2010年8月 不育症を乗り越えて、
元気なBABYに会うことができました☆

第4子 ぴこ坊
31週5日目 緊急帝王切開にて出産。

1か月のNICU入院生活を経て、
現在、元気に成長中。

カレンダー(月別)

03 ≪│2011/04│≫ 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSリンク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。