2009-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始めの一歩

2月がもうすぐ終わろうとしているのに、
なんだか迷ったり、気が進まず・・・
次の妊娠に向けてアクションが起こせずにいたけど、

やっと、主治医に連絡をいれる事ができました

・・・といっても、メールでなんで、
まだ返事はないけど。

診察を受けて子宮鏡の検査の予約を入れること。

まずはこれをやらなきゃ、前には進めない。

昨日電話で、実家の母に、
「2月に検査受けるって言ったけど、なんか気が進まんくって~・・・」
って話したら、

「そんな。いいんよね!その気になってからでー!」=母。

「その気なるんかな?何もせず歳だけとったら、もったいなくない?」=私

「何いっとんのー(笑)お母さんに比べたら、あんたは、まだ若いんだからー!」=母

「もー!母さんはもう子供産まんでしょっ!!」って言ったら、笑ってました。もう!

うちの母、時々、呑気なんだからー!と思うんだけど、
最近はそれもアリだな。まぁ、アリかもしれない。と思ったりします。
ここまできたら、多少楽観的に考えるしかないもんね。
そうでないと怖くて前には進めないんだから。

天使3人の絵が載っている、かわいい本を見つけたらしくて、
母の分と私の分、2冊買ってくれたみたい。早く見たいなー☆

一昨日、旦那さんにも同じ事を話したし、色んな人にも相談はしたけど、
結局は、こんな軽い会話のやりとりをキッカケに、始めの一歩。
母って偉大だな。少し前進しました


スポンサーサイト

頭パンク寸前

最近の仕事以外の事・・・




週1で学校に通っています。


朝10時~夕方4時まで。お昼休憩1時間はさんで、勉強。


お昼代を浮かせたくて、頑張ってお弁当持参!


その日習った事は、翌週までに復習するよう先生から言われます。


勉強自体は、意外にも面白いなって思うんだけど、


家に帰ると他に誘惑が多くて、集中力がでない・・・


なので仕事の暇な時を利用して、こっそりテキストを読んでます。






週1でフラの日。


来月イベントを控えているのに、


曲の振り付けがまだ終わっていなくて・・・


先生は大丈夫と言ってるけど、結構焦ってるはず。


今月入ってから急に進むペースが速くなり、


次々と新しい事を覚えなくちゃいけないし、


器用でない私は、ついていくのに必死。


家で何度も繰り返し練習しなければ、ついていけず・・・


別の考え事していたら、すぐ踊りにも現れるんです。


先週・今週はカホロのステップがおかしかったみたいで、


名指しで怒られちゃたあせるあー、、怖かったー




なんか・・・


覚える事が沢山あって、頭パンクしそう爆弾




でも、、全部、自分がやりたくて始めた事だし、


最後まで、やり遂げたいな~ビックリマーク






さっき、久々に実家の母と電話で話しました。


「最近、赤ちゃんを抱っこする夢を2回も見たのよ」


って言ってて、二人で色々と楽しい想像してました。


短い時間だったけど、


母と話したら、不思議と少しホッとした・・・DASH!




命日

今日19日は勇希の命日です。




17日のPM21:08に産まれてきて、




先生方には「まずは48時間が大きな山」と言われていたので、


19日のPM21:08過ぎ、48時間過ぎた事が嬉しくて、


「今からNICUに行ってもいいですか。」と担当Nsさんから連絡を入れてもらったら、


「今、処置をしているので少し待ってください。」と返事が。


なんだか嫌な予感がすると思っていたら的中。




数分後に、


「○○さん!赤ちゃんが急変したので、すぐに来てほしい。ってNICUから連絡が!」


と、いつも穏やかな担当Nsさんが慌てて病室に来ました。


そこから猛スピードで車椅子を押してもらって、


フロア一番奥の勇希のところへ走って行きました。




そこから先は、時間の感覚もなくて、


勇希に向かって、ひたすら名前を呼んだり、


「ママはここにいるよー。」と、


「勇希、頑張ってるねー。偉いねー。パパ早く来ないかね。」


と繰り返し話しかけてました。




頑張ってる小さな体に、これ以上頑張って。と言うのは過酷すぎて、


悲しいけれど、私は常にお別れを覚悟していたんだと思います。


産まれてから、ずっと離れ離れだった勇希には、


ママがすぐ傍にいる事を感じて欲しかったです。


だから、最後に抱き上げた時、心拍が一瞬上がった時は、


もしかして分かってくれたのかな?って思えました・・・


専用ケースの中で治療中は、とても苦しそうだった表情が、


ケースから出して、私が抱き合げて、


心拍が完全に止まっていくまで、徐々に穏やかな表情になり、


最後はお地蔵さんのように安らかな顔になりました。




今、こうやってこの記事を書いている時間、


去年の今頃、私は勇希の傍で名前を呼び続けてました。


勇希はどんな気持ちだったんだろう?


やっぱり苦しかったよね。。ママの事、許してくれるかな。


好きでいてくれるかな?




今日は一日仕事だったけど、普通に大丈夫でした。


勇希が頑張って生きていた時間だと思うと、


なんだか力が湧いてくるような・・・。


亡くなってからもママに力を与えてくれる、


すごい子だね。勇希って・・


お誕生日

先日の勇希のお誕生日ゆうき




朝から晩まで沢山のサプライズがあり、


感動と驚きの1日でした。






コリラックマAM~朝


saoriさんからの大きなバルーンふうせん入りのお花が届き、驚く。




さきかママと一緒にランチ


 (ここで二人の服の色が黄色でかぶっている事に気づく。


  黒いタートルニットに、私はイエローのスカート。さきかママはイエローのニット)






コリラックマPM~お昼


さきかママのお家に遊びに行く


 (私→お姉ちゃんへのプレゼントと、さきかママ→勇希へのプレゼントがかぶる)




中身は駄菓子なんですが、


全く同じものなので、物々交換みたいになってしまいましたビックリマーク


’Olu ’olu ka mana’o




まさか、さきかママも同じものを選んでくれてたとは。。


以前にもこんな事あったので驚きました。


再び同じものが2つ。奇跡~~キラキラキラキラ




さきちゃん、こうちゃん、あおちゃん、ゆうき。


4人が賑やかに遊んでいる姿が思い浮ぶな・・・。




お花とキャンドルも頂き、さきかママの優しさに涙しました。


久々に素直な気持ちで色々な事を話す事ができて、


ここのところ揺れていた素の自分を取り戻す事もできました。




夕方~夕方




帰宅して郵便受けを開けると、


勇希の名前で宛名が書かれたお手紙が入ってるので目を疑いましたビックリマーク


saoriさんからのお誕生日カード。またまた涙・・・


saoriさん、本当にありがとうございましたキラキラ






夜。~夜




21:08 勇希が産まれてきた時刻。


パパと一緒に(質素な)晩御飯を食べました。








勇希に届いた贈り物の数々・・・プレゼントプレゼントプレゼント


’Olu ’olu ka mana’o




この他にも、お祝メールも頂いたり、


17日にブログに頂いた皆さんからのコメントは、


私の携帯メールにも届いてました。


ありがとうございます。




寂しい悲しいという感情とは全く無縁の1日。


沢山の方々に支えられているのだと実感した事と、


去年の17日。勇希が生きていたと思うと、


心が温かかったです。






勇希1歳のお誕生日おめでとう。


そして沢山の幸せをありがとう。


ママはあなたの幸せを願っています・・・


モヤモヤ

なんだかモヤモヤ。
何かとクヨクヨしてしまう日々。

仕事も日常生活も、ちょっとした事を引きずりがち・・・
なかなか気持の切り替えができなぁ~い

先日、中山寺に行って勇希の1周忌をすませました。
特に決まったお寺さんもないので、
天使たちの供養は毎回、中山寺と決めています。

供養の後はいつも
敷地の一番頂上にある「子授け寺」へ行って、
おみくじを引き、おととし(勇希を妊娠する前)は
子授けのお守りを買いました。

今回もそうするつもりだったけど、
直前になって、気分が沈み始め・・・
お墓参りで墓石に刻まれた3人の名前を見ると
なんだか、「妊娠!」っていう気分にもなれず、
お守りは買うのをやめて、お参りだけしました。
本当に頑張りたい時に、ご利益が頂きたくて・・・

でも、おみくじだけは、しっかりと引いて、
結果は、

「凶」

・・・また??

8月に引いた時も「凶」だったのよ。
またかい!?
大吉だったら、おみくじはお持ち帰りだけど、
即効、木に結んできました。

一周忌

19日が命日だけど、


少し早めの一周忌をすませてきました。




いつもどおり、中山寺に行き、


約30分ほどお経を読んでもらって終了。


旦那さんと義母さんの3人一緒だったので、


こみあげる涙もこらえてました。


最近は誰か傍にいると、気を遣って泣けません。




供養が始まるまで30分くらい時間が空いたので、


お寺の敷地内をお散歩しました。


暖かい日が続くので梅の花が・・・ビックリマーク




’Olu ’olu ka mana’o









お墓参りはお正月以来。


いつも、実家近所にある顔見知りのお花屋で


お供え用のお花を作ってもらいます。


いかにも「商店街の花屋」って感じのお店だけど、


品揃えと花の鮮度が抜群に良く、


我が家の近くにも、こんな店があればいいのに。と思います。




’Olu ’olu ka mana’o


勇希は男の子なので、元気カラーで。


というか、私がこういう色のお花が好きなんだけどドキドキ






幾つかサービスもしてもらいました。

’Olu ’olu ka mana’o


紫・赤のアネモネ。


自分では選ばない配色なところが、また嬉しい音譜


旦那さんの実家の玄関に飾りました。




晩は、義母さんの提案で「フグ鍋ふぐ」を予定してました。


あらかじめ予定立てて、私も話に乗ったものの、


いざ命日が近づいてくると、気分が沈んでしまい、


『みんなで楽しくフグ食べている場合じゃない汗




・・・なんて一人憂鬱になっていたら、


どうやらお店の手配ミスで予約したフグが届かず、


焼肉に変更になりました。


私の想い(念?)が伝わったのかしら・・・あせる






明日はいよいよ、勇希1歳のお誕生日ケーキ


ありがとうございます

前記事にコメント下さった皆さん、メール下さったママ、


本当にありがとうございます・・・しょぼん




勇希の話をもっと聞きたいと言ってもらえたの、


少し驚いたのと、嬉しかったです。




そういえば、勇希がNICUに入って亡くなった時の事、


ブログに書いてなかったなぁ。って思いました。


一年前は、何となく細かく状況を書くと、


亡くなったことを強く実感しそうな気がしたのと、


誰にも邪魔されず、私だけの勇希であってほしい。


みたいに思ってました。変かな?




勇希という実体がないので、私の記憶の中で生きた姿を、


そのまま大切に心の中にそっとしまっておきたかったのです。




別に皆さんを信用していないというわけではなく、


これは私の性格で、今でもその気持ちは少しあって、


一年経ってみて、そういうのも吐き出す時がきたのかな?




明日、仕事が終わったら、旦那の実家に帰省して、


また中山寺での供養を行います。




17日がお誕生日


この日は、さきかママと会う事になりました。


お誕生日だから、笑顔でお祝いしてあげたいな。




19日の命日は仕事。


平然と働くことができるのか・・・ちょっと心配あせる




しばらく身も心もバタバタっビックリマーク・・・としそうだけど、


流れに任せて過ごしてみようかと思います。。


泣きたい気分

・・・が、ずっと続いてます。




最初はリセット前の情緒不安定かな?と思ったけど、




そろそろ勇希の誕生日・命日が近づいてきてるからかもしれません。






電車で横に座った母子が仲良くじゃれあってる時。


仕事が終わって家に向かって1人歩いてる時。


池川先生の絵本の中にある母子の挿絵を見た時。




胸にこみあげてくるものがあって、


無性に泣きたくなった。






勇希が産まれてきて、NICUで亡くなる直前、


「お母さん、抱っこしてあげてください。」と言われて、


初めて抱き上げた時、心拍が瞬間的に上がって、


その後、少しずつ途切れていった時の記憶が、


つい先ほどの事のように蘇ってきます。




あの時沢山泣いたけど、その時の延長のように、


悲しくて寂しい気持ちを思い出しています。


日に日に、気分は下降気味。




猫かぶって、声のトーンを上げて愛想笑いで仕事してる自分。


今の誰の声?って自分につっこみたくなるくらい。


ここのところ、少し息苦しくて疲れます。


こんな時に、同僚から妊娠した事を打ち明けられました。


「なんか、つわりっぽいんです。」って。


えっ、それっって。って普通に会話する自分に少し驚きました。


無理しないようにね。って普通に心配して言ってる。


どうしちゃったんだろう?私。普通に受け止めてる。


悲しみを通り越して、ノーリアクションなのかな。


それともドロドロした気持ちに、ついに打ち勝ったのか?




もー、考えるのも分析するのも疲れた。


よく分からないけど汗いいなら、いいんだ、これで。




良い兆し

我が家は転勤族で、
いつ移動の話が出てもおかしくないんですが、
なんだかんだと、今の場所に居座り続けてます。

1年とか2年とか、期限など全く関係なく、
会社から、「ここへ行け」と言われたら、
翌月には荷物をまとめて行く身です。
転勤の多いお宅って、どこも同じなのかな。

もともと私は土地にも家にも執着心がなくて、
中学から高校の引っ越し時も、
結婚して地元を出る時も、全く迷いませんでした。
新しい所へ行く不安よりかは、
今後何が起こるんだろう?どんな出会いがあるかな?
っていつもワクワクしてます。

でも、
今は状況が少し変わりました。
この場所に、手放したくないものが沢山ある。
全て死産をしてから出会ったものばかり。

引っ越したくない。
という気持ちが初めて芽生え始めました。


ただ、ここ数年は特に転勤を匂わす話を
度々聞かされてて
去年くらいから具体的な地名も出始め、
「あぁ、そろそろ本当にやばい」

そう思ってたところに、
「旦那の仕事が変わって、
今の場所に、しばらく住めるかもしれない」
という話が、最近浮上。

大喜びしたのもつかの間、
この話は、あっという間に却下でした。

期待しただけに、ショック・・・

でも今日の旦那さん情報では、
どうやら、上司・その上の方で、
我が家の家庭事情を配慮して、
なるべく今の場所に留めてもらえるよう
話し合ってくれてるみたいです。

どこまで引っ張ってもらえるか分からないけど
これは良い兆しで、心強いです。

迷い

一応、5月解禁を意識してるけど、
時々8月以降にしようかな?
とも迷ってます。

こうちゃん・あおちゃんが突然亡くなったのは
8月に集中してて、私が住んでる所の夏は、
体調を崩しちゃいそうなくらい、
恐ろしく暑い

四柱推命で見てもらうと大抵、
8月~9月あたりは悪い時期と言われます。

占いは参考程度に・・・と思うけど、
やっぱりこうも色々重なると気になる・・・
できれば避けたい。でも・・・でも・・・

・・・・

・・・・

・・・・

そんな事をボンヤリ考えていたら、
今日、帰宅中に読んでた本の中のセリフに、

「結局、自分から年齢に縛られて、
もう遅いとか、少し様子を見ようとして何もしない、
これが一番馬鹿らしいと思う」

チャンスを与えられながら、
色々と意識し過ぎて行動しなかった事を
何年か経って後悔している女性のセリフだけど、

今の私にもドキッときました。

自分の中に制限を設けてしまうこと。
もったいないかもしれない。

自分が本当に妊娠したい。
子供を産みたい。と思える時を選びたい

実は今のところ、そこまで気持が至ってなくて。
まだ怖いって考えてしまうのかな。
でも準備が整うのをボーッと待ってるだけじゃ、
時間だけが過ぎ去ってく気もするし、

まずは子宮鏡。いつ行くか。
この検査自体も初体験だし・・・
主治医に連絡を取るという初めの一歩に勇気がいるなぁ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

こうあおYママ

Author:こうあおYママ
第1子航希(こうき) 
34W IUFDによる死産

第2子葵衣(あおい)
37W IUFDによる死産

第3子勇希(ゆうき)
22W 前期破水・絨毛膜羊膜炎
    早産による新生児死

3人の天使ママです。

2010年8月 不育症を乗り越えて、
元気なBABYに会うことができました☆

第4子 ぴこ坊
31週5日目 緊急帝王切開にて出産。

1か月のNICU入院生活を経て、
現在、元気に成長中。

カレンダー(月別)

01 ≪│2009/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSリンク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。