2008-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知恵熱?









ゆうきの病理の事で、心配して頂いたり声を掛けて下さった方々、


本当に本当に、ありがとうございましたキラキラ




病理結果を聞きに行った翌日、仕事が休みだったので、


何もする気が起こらず、一日TVを見たりゴロゴロゴロゴロと過ごしました。




そしたらその翌日、、今年初めての「37.5℃の発熱」ビックリマーク




お腹の調子も少し悪かったので、たぶん軽い胃腸風邪みたいなもの?


1日で熱は下がったんだけど、あまりのタイミングの良さに、、


これが「知恵熱カゼ」というものではなかろーか??と思いました(笑)




病理での質問や小児科の先生から聞いた話を忘れる前に・・・と、


ブログに書き残そうと思って、色んな想いとともに細かく記事を書いてたけど、




もうやめた、やめたぁ~


不育症や過去を、これ以上追求しない事が、今の私には一番大切みたい。


その内、治療法の事を真剣に考えなくてはいけない時がやってくるはず・・・


それまで心はゆったり、ゆったりお茶のんびり生きます。






ところで我が家で使っているパソコンは2002年夏モデルのVAIOパソコンで、


ここ数年色んなエラーはありましたが、最近はついに、動画が動かない、


ネットが突然固まって強制終了等・・・。トラブルが多くなりました。


旦那さんの買い替えの訴えに、『まだ早い!まだ使える!』と渋ってたけど、


さすがに寿命だわあせる


そう思ったら、次は何にしようかな~?と考えるのが楽しくなってきました音譜


次はノート型かなぁ?いつ見に行こう?どこのメーカーにしようかしらラブラブ






スポンサーサイト

病理の結果

ゆうきの病理の結果を聞きに行ってきました病院




染色体、病理解剖の結果・・・




ビックリマークビックリマーク




・・・といえばイイのかな。目だった異常はなかったそうなので、


ゆうきは週数に見合った健康体の赤ちゃんであった事が、


医学的に証明されました。




何故亡くなったのかというと、


DICという血液の病気があって、血圧が上がらなかった事、


死後のCTから脳内出血が見つかって、それが致命的だった事、


22週1日目の超未熟児という時点で、既に限界があった事など。。




電子カルテとレントゲン写真を見ながら、


ゆうきを蘇生してから亡くなるまで、もう一度振り返って、


当時の状況・治療内容・検査・死因について、


先生が丁寧に説明して下さったので、色んな事を鮮明に思い出しました。


ゆうき、、こんなに小さな体に沢山問題抱えて、よく頑張ったね。


命の限り精一杯生きるって、こういう事なのかな?って思いました。




こんな小さな子が・・・改めて考えると、2回くらい目がウルウル目しました汗




またまた嬉しかったのは、先生が終始、「ゆうきくんは・・・」と話してくれた事。


あの子は確かに生きてたんだ。・・・と存在を強く感じました。






死に近い状況での治療方法は、医師によって色んな考え方があるそうで、


ゆうきの先生の場合は、全て、「決して無駄じゃない。」っておっしゃいました。


先生側としても、22週1日目という滅多にいない赤ちゃんを診る事ができて、


「今後の治療法に役立てる事ができるというメリットがある」というのと、


「ゆうきの生命力の強さ」と「色んな事を教わりました。」と話してくれました。




いくつか気になっていた点(絨毛羊膜炎の胎児への影響・胎動と体の動きが少なかった事)


も、質問できて解消されました。


詳しい事は頭の中を整理してから、別の記事で書こうかな。




以前は研究対象・・・というのは、どこか偏見と抵抗がありましたが、


この先生に診てもらえて、本当に良かったなぁクローバー


ゆうきのケースを、医療に役立てて欲しいと心から思いました。




お仕事

最近のお仕事の事DASH!




前はお目目目病棟にいたけど、今は血液関係注射の病棟にいます。


初日、病棟の雰囲気のギャップと、初めて目にする現実にショックでした。




師長さんと一緒に、患者さんのお部屋を全て挨拶して回りながら、


『世界の中心で愛を叫ぶ』のような、映画の中のワンシーンを思い出し、


でも現実はそんな映画の様なものでもなく、狭いお部屋ばかり。


私が昔、仕事でチョコチョコ出入りしていた「電子工場」。


あの無機質で、人が暮らすには息苦しくなりそうな空間を思い出しました。


療養の為、何ヶ月もそこから自由に動けない、好きなものも食べられない。


なんだか息が詰まりそうでした。




中には同世代くらいの女性もいるし、


小児科の部屋が足りなくて子供から赤ちゃんまでいます。


1日に何度もお見舞いに出入りするご家族達。すぐに顔も名前も覚えます。


色んな事を感じながら、私の中でも色んな気持ちの変化がありました。


心の整理ができたら、また書こうと思います。




全体的に動きがない分、仕事量も少ないです。暇です・・ビックリマーク


これでお給料頂いてもいいんでしょうか??と心配になってしまいますあせる


前の病棟では入・退院が早く、患者さんの顔を見ている余裕があまりなかった。


今は変化がないけど、内容は濃い・重い・・・。そして『死』という言葉が身近にある。


仕事よりか、人生勉強してます。


初日は落ち込みましたが、今は元気モリモリグッド!




あまりに暇なので、何か仕事ないか~?とハングリー精神ガッツ高まっており、


近くのハンガーにかけてある先生達の白衣を整頓していたら、


丁度やって来た先生に「おっ、気がきくねぇ」と、褒められました合格


結構好きな雰囲気の先生だったので、アハハッあせるって照れ笑いでごまかしたけど、


心の中では「暇なんです・・・」と、つぶやき。




人間関係も問題ないし、先生達も人間性良い方が多いなぁ。というのが印象ですひらめき電球




アンビリーバボー!

とっても嬉しいアンビリーバボー星な出来事がありました。




昨日、お友達の天使ママさんから、


子宝グッズと『さるぼぼちゃん』を譲り受けました。


沢山の願い・想いの詰まった大切な品々です。












さるぼぼとは・・・


良縁・厄除け・魔よけ等、色々ありますが、


このオレンジのさるぼぼちゃんは子宝・安産のお守りとして、


人から譲り受けたものが特に良いそうです。




なぜアンビリーバボーなのかというと・・・


今回譲り受けたのは、右側の袋に入ったさるぼぼちゃんだけ。




じゃぁ、左側のさるぼぼちゃんは一体どこから・・・??


昨年今と同じ時期くらい、ゆうきを妊娠する直前に


別の天使ママさんから頂きました。




実はこの子達、元は同じ天使ママさんの所にいた『双子ちゃんふたご座』らしいのだー




離れ離れの双子のさるぼぼちゃんが、偶然にも我が家で再会を果たしました。


もちろんお互いにそんな事は知らなかったし、考えてませんでしたよビックリマーク


一気にお2人分の気持ちを受け継いだみたいで、とっても感動しました。




元々のママさんは、不育症を乗り越え現在は子育て真っ最中なので、


このさるぼぼちゃん達、本当に縁起物です。




これを送ってくださった天使ママさん、私にも、とっておきの幸運が訪れそうな気がするクローバー


いつか必ず後に続きたい!とメラメラメラメラ燃えきました。ありがとう、ありがとうラブラブ




進展

ゆうきの病理の話、進展がありました。




先日ここで、「早く結果をくれよぉ~DASH!」と書いて愚痴ったら、


その翌日の晩、小児科の先生から電話がかかってきました。




何、このタイミング!?怖ぁぁ~~~っ叫び




先生は検査の結果が出揃った事と、遅くなって申し訳ないです。とおっしゃってくれました。


普段、日中は別の病院で治療(研究)していらっしゃるそうで


病院に戻るのは夜みたい。とても忙しそう・・・




後日、旦那さんと一緒に検査結果の説明を受けに行く事になりました。




先生からの電話で嬉しかった事キラキラ




「○○勇希くんの事で~~~」と最初におっしゃって、


「お母様でいらっしゃいますよね?」と聞かれたので、




「はいビックリマークはい!!はいぃぃ~~!!!!そうですっ!!




・・・心の中で、『勇希の母は私でございます音譜』と叫んでました(笑)




ブログの中ではママだけど、公の場?でお母様と言われると、なんだか嬉しい。






ついでに、先日郵送されてきた解剖感謝式の案内。


これって行くべきなんだろうかー??って私は思ったんだけど、


うちの旦那さんが、『行こうよアップ』って、言い出して、


『勇希の名前が呼ばれるなら、親として参加しなければ。』って




そっかぁ・・・じゃぁ行っとこうか!という事になりましたかお




淡々と

近頃、ブログさぼりがちかな・・・えっ


修行僧の気分で、淡々と毎日過ごしてます。


隣の赤ちゃんの泣き叫び声(←に聞こえるのあせる)も慣れてきたし、


妊婦さん見かけても動揺しないし(←たぶんねあせる)、


よしよし、イイ感じよ~。ど~んとこいビックリマーク






新しいフラの教室を見学してきましたドキドキ


先生は今と同じだけど、内容が少し濃いというか、レベルが高かった。


ちょうど新しい曲を始めるそうでタイミングもいいし、生徒さん達の雰囲気も良くて、


今のクラスのフラ仲間と一緒に、来週から新たに通うことに決めました。


しばらくは今行ってるクラスと掛け持ちなので、週2回フラ音譜


家から遠いし、お金もかかるし・・・なんて考えた事もあったけど、


気になったら、なんでもチャレンジ!の気分なんで、楽しんじゃおう。


幸い、今はお仕事してるので多少の収入増しはあるひらめき電球


このタイミング&出会い&私の意欲は、今しかないって思います。






夕方、自宅に帰ってきたら、家のポストの中に茶封筒が手紙




「○○大学大学病院医学研究科・医学部」




こ、こ、これは・・・もしやぁぁ~~叫びDASH!


と、慌てて封を開けたら、、




「平成20年度 ほにゃらら~解剖感謝式のご案内」




・・・・なんだ~汗期待したじゃないかよ~~ガックリ




先日、主治医の先生から、やっと(あせる)メールがきて、


小児科の先生と連絡がとれないのでゆうきのIDを教えて欲しいと書いてあったので、


てっきり病理の結果が出たのかと・・・




もぉ~~感謝式はいいから、早く結果をくれよぉぉ~~。。・・・むっ






私自身が病院で働いてみて思うんだけど、


大学病院ってところは、先生との連絡がとりにくいところです。


忙しそうなので気を遣うし、お願い事はしにくいし。患者として会った方が気楽・・・


先生に限らず、この用件は一体どこの誰に聞いたらいいの??という事があります。


組織が大きすぎて、誰がどこで何をやっているのか、皆知らない事が多い。


自分が分からない事には関わらない、面倒になっては困るから最初から断る。


・・・という雰囲気を感じる事が時々あります。


でもお互いの言葉かけが上手にできれば問題ないことなんだけどね。。


ペーペーの私にも、それが思っている以上に難しいガーン




同じ院内なのだから、ヒョイっと連絡つきそうなものなのにね。


そこがうまく伝わらないものなのだと、病院の内部を知ってから少し納得・・・




お別れと再会

母方の祖母が亡くなったので、1泊2日関西方面へ旅立ってました。




実は、親戚一同で集まるのは初めて。


孫が勢ぞろいで何十年かぶりに再会したので、最初は緊張しました。


皆と話をして感じたのは、この家系はまちがいなく霊感があるっあせる




祖母が亡くなったという連絡を、母から電話で聞いたんだけど、


電話を切った後、突然、祖母の懐かしい声が私の頭の中に響きました。




『○○ちゃ~ん、元気かぁ~?おばあちゃんやでぇ。』




私がまだ小さかった頃の祖母との想い出が急に蘇って、涙がドッとあふれ出ました。


そして、「おばあちゃん、何もしてあげられなくてごめんね。」って思いました。


最初の死産の事を心配してくれてたので、できれば曾孫を見せてあげたかったな・・・


しばらく泣きましたが、その後何故だか元気が出てきました。


おばあちゃが見守ってくれるような安心感みたいなものを感じて星




お通夜で、「おばあちゃんの声が聞こえたような気がする。」って話したら、


従姉も同じように声が聞こえて、通夜の席では祖母の姿が見えた。とか言うし、


叔母達も夢に見たり足音や物音、寝ずの晩をした若い従弟達は祖母の写真が動いたとか、


不思議な現象のオンパレード目 


うちの母も昔、お葬式の夜に父方の祖父の姿を見たと言ってたので、、


ナンなんだ。この家系は叫び何かを感じやすい気質なのかなあせる




そして、私が近頃悩んでいた体質の事、妊娠にまつわる苦労は、


ケースや状況は違えど、従姉達そろって共通しているが分かった事、


必要以上に自分の体と妊娠の事を結び付けて、もう責めなくていいかな。と感じたのと、


いつか分からないけど必ず元気な赤ちゃんを産むぞ!って強く思いました。




叔母達の話では、祖母はいつもニコニコして他人の悪口を言わない人だったので、


病院や色んなところで、『かわいいおばあちゃん』と、可愛がってもらったそうです。


そういえば、私がたまに会った時は、いつも孫・曾孫を褒めているような人でした。




祖母のおかげで、成長した孫一同が再会できた事、


悩んでいるのは私1人じゃないんだよ。って教えてもらいました。




お坊さんが、仏教の教えでは、またいつか故人に会えるんです。とおっしゃってました。


おばあちゃん、ありがとうキラキラ またねブーケ2




心機一転

10月です。




今日もゴルフを観に行って来ました。


東海クラッシック。いただきモノのチケットなんで、


大会役員という名札を引っさげて、堂々と駐車場に車車で入れるし、


(普通なら会場までバス30分とか・・・)ラッキーでした。




帰りにスーパーへ行ったけど、バナナバナナが置いてなかったあせる


最近、うちの旦那さんがバナナダイエットを始めたんだけど、


今、このダイエットやってる人、日本にどれくらいいるんだろう。


代わりにリンゴリンゴを買いました。






先月の終わりは色々と愚痴ってばかりでした(読んで下さった方、ごめんなさい汗


あおいちゃんの夢以来、また元気を取り戻して過ごしています。


色々と落ち込む事はあるけど、しょうがないかな。


もういいやーっ。人それぞれ、めげるな私。と思うことにDASH!




フラはランチやショーをきっかけに、教室事情などの情報を沢山もらいました。


今のクラスに1人だけ、とても親切で優しい方がいて、


少し年の差はあるけど、フラが好きという共通点で、最近ようやく仲良くなりました。


どうやら私と同じ天使ママのよう。(私の事はまだ話してないけど・・・)


先輩達の踊りで刺激されて、お互いにもっと上手くなりたいね。と盛り上がってます。


先生が力をいれて教えている教室に、30代が多いというクラスがあるそうなので、


近々、2人で見学に行く事になりました。


家からちょっと遠いんだけど・・・。すでに行く気マンマングー




今月から職場が変わって心機一転、少し特殊な病棟なのだけど、


病気の現実というものを目の当たりにして最初は本当にショックを受けました。


色々と学ぶ事がとても多い場所です。


気が向いたら・・・ゆっくり書こうかな。と思います。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

こうあおYママ

Author:こうあおYママ
第1子航希(こうき) 
34W IUFDによる死産

第2子葵衣(あおい)
37W IUFDによる死産

第3子勇希(ゆうき)
22W 前期破水・絨毛膜羊膜炎
    早産による新生児死

3人の天使ママです。

2010年8月 不育症を乗り越えて、
元気なBABYに会うことができました☆

第4子 ぴこ坊
31週5日目 緊急帝王切開にて出産。

1か月のNICU入院生活を経て、
現在、元気に成長中。

カレンダー(月別)

09 ≪│2008/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSリンク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。